自転車と登山,写真,猫のブログ

自転車のこと登山のこと猫のこと。気まぐれ更新

自転車で日本海に行ってきた①

これまでの自己最長記録はツールド東北というロングライドイベントで走った220km。例えばツーリングのような,イベント以外で走った最長距離は200km。ブルベという自転車のイベントがあり,そのイベントでは200km, 300km, 400km, 600km, 1000kmコースがあります。僕は200kmブルベの完走経験があるので,次に設定するべき目標は300kmだろうと考えて,今回は280kmにチャレンジしました。

 300kmを普通に走れるようになれば,たとえば仙台〜東京の約360kmも走れるようになるかもしれない。名古屋〜東京の約360kmも走れるようになるかもしれない。300km走れるようになると,行動範囲がとても広がるのではないかと思います。ただ,今回はコースの都合上280kmです。おそらく,280km走ることができれば300kmも走れるでしょう(?)

 

今後の自分のため,もしくはこれから同じようなことにチャレンジしようとしている方のために,装備と走行の記録を!

①では装備について,実際に持っていったものと,持っていけばよかったものを書きます。

f:id:shp307rcz:20170818230213j:plain

 ・自転車本体

・ホイール : Campagnolo Scirocco35

・タイヤ(前) : Michelin Lithion2 700×23 C

・タイヤ(後) : Michelin Lithion2 700×25 C

・コンポ : 5700系105がメイン,クランクだけ4600系Tiagra

・ボトルケージ(ダウンチューブ) : CAMELBAKのボトル(750ml ?)

・ボトルケージ(シートチューブ) : Vittoriaツールケース(チューブ×2,工具,タイラップ,テレホンカードの切れ端,パッチ)

・ライト(メイン) : ジェントス 閃 SG-325

・ライト(サブ) : Owleye ヘッドライト 5LED

タイヤの前後で太さが違うのは気にしない。Lithion2の前に履かせていたタイヤのサイドにほつれがあったので急遽交換することに。すぐに手に入るLithion2が23Cしかなかったのでこの組み合わせに。せめて重量の多くを負担する後ろを太いほうにしておこうということで。

ボトルの中身は出発時にはスポーツドリンク,後半はお茶or水。

ツールケース内のテレホンカード(もはや死語?)はタイヤに大穴が空いたりしたときの応急処置用。

メインライトのジェントスは,真っ暗な峠道ではちょっと不安かもしれないという印象。真っ暗な峠道はあまり走ったことないですが…。

 

・フレームバッグ

自作したフレームバッグを使用。中身は補給食のみ。出発時に入れていたものは以下の通り。

熱中症対策の塩飴×5個

・コンビニのおにぎり(ノリがないやつ)×2個

ソイジョイ×4本

これが無くなった後はコンビニで適宜補給しました。おにぎりがメインだったと思います。最初に買ったおにぎりのうちの1つは,山葵系のさっぱりしたもの,もう一つは和風シーチキンマヨのおにぎり。山登り中に後者を食べたらなんとなく気分が悪くなったような。おにぎりのせいなのか,山を登っていたからなのか不明ですが,おにぎりの中身もきちんと選ぶ必要がありそう!

 

・サドルバッグ

定番のORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L オーシャンブルー

容量を稼ぐための改造を施してあります。今回は途中でかなり雨に降られましたが,水の浸入はゼロでした。水に濡らしたくないもの,例えば着替えや電子機器はとりあえずこの中に入れておけば安心です。中身は以下の通り。

・レインウェア : ワークマン R-009

輪行袋OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 L-100/超軽量型 ロイヤルブルー

・モバイルバッテリー

・財布

・100均のミニ三脚

・着替えのTシャツ,靴下

サコッシュ

 

今回は道中で雨が降る可能性が高いことが事前にわかっていたのでレインウェアを持っていきました。レインウェアがなければ容量的に余裕ができる中身だと思います。仮にレインウェアがなくても持っていきたいのがオルトリーブ。輪行する場合は小物類(ライトとか)を放り込んだりできるので便利です。

ワークマンのレインウェアの防水性はなかなかでした。しかも安い。

 

・服装

半袖ジャージとレーパン。レーパンの上にはユニクロの速乾性のハーフパンツ。脚と腕には夏用のレッグカバーとアームカバー。最近になってようやく日焼け対策の重要さがわかってきました。ハーフパンツはポケットがついているので輪行時には鍵を入れたりスマホを入れたり何かと便利でした。そしてOLYMPUSコンデジを斜め掛けに。雨が降っているときは上からレインウェアの中に入れて水没を防ぎました。ただ,後半はレインウェアを着るのも面倒になり,結局カメラケースの上からコンビニのビニール袋をかけて持ちました。カメラは無事でした。

 

・持っていけば良かったもの

セームタオル

予期せずお風呂に入るときがある。例えば今回みたいに。

・ビニール袋

汚れた服を入れたり,補給食の食べかすを入れたり…。

 

こうして書き出してみると意外と持っていけば良かったものって少ない…?

以上のものを携えて行ってきました。

目的地は日本海

いざ。